お問い合わせ・資料請求を表すアイコン
お問い合わせ資料請求
ダイバーシティ推進としての研修をeラーニングで-背景

ダイバーシティ推進としての研修をeラーニングで

障がい理解eラーニングとは

障がいについて解説したeラーニング教材です。
障がいの種類やケーススタディなどの基本的な知識、法知識について、アニメーションを見て学ぶことができます。

教材の特長

  • 豊富なケーススタディ

    豊富なケーススタディを表す画像

    各障がいの配慮事例をアニメーションで確認できます。

  • 受講環境を選ばない作り

    受講環境を選ばない作りを表す画像

    PC、スマートフォン、タブレット等豊富に対応しています。
    ※要インターネット接続

  • 確認テスト、アンケートで効果を見える化

    確認テスト、アンケートで効果を見える化を表す画像

    デフォルトで付いているので受けるだけで測定可能です。

  • ユニバーサルな設計

    ユニバーサルな設計を表す画像

    読み上げソフト(JAWS)の動作を確認済、動画には字幕もついていて操作する人に優しい作りです。

カリキュラム内容

NTTクラルティ監修
動画ひとつは5~10分、隙間時間に学習可能です。

教材名 障がい理解eラーニング-共通編- 障がい理解eラーニング-雇用者編-
学習対象者 全従業員 ダイバーシティ推進担当者、人事担当者、管理職以上の従業員、役員
目次 事前アンケート
1. 障がい者理解の基本
障がいの種類を知ろう(概要)
身体障がいとは
知的障がい、精神障がい(発達障がい)とは
障がい者にかかわる諸法制
差別的取扱いと合理的配慮
障がい者の雇用の現状と課題
職場における配慮と支援
1章確認テスト
2. 障がい毎のケーススタディ
視覚障がい者のケーススタディ
聴覚障がい者のケーススタディ
肢体不自由者のケーススタディ
内部障がい者のケーススタディ
知的障がい者のケーススタディ
精神障がい者のケーススタディ
2章確認テスト
終了アンケート
共通編に加え、以下を学習いただけます。
1. 障がい者にかかわる諸法制
障がい者にかかわる諸法制
【雇用者編】1章確認テスト
2. 障がい者の雇用の現状と課題
障がい者の雇用の義務(法定雇用率)
障がい者雇用納付金制度
特例子会社
障害者雇用促進のための支援(例)
障がい者雇用の現状
【雇用者編】2章確認テスト
3. 職場における配慮と支援
職場における配慮と支援
従業員への障がい理解促進
会社設備での配慮と支援
社内における相談体制の整備
おわりに
【雇用者編】3章確認テスト
教材名 障がい理解eラーニング-共通編-
学習対象者 全従業員
目次 事前アンケート
1. 障がい者理解の基本
障がいの種類を知ろう(概要)
身体障がいとは
知的障がい、精神障がい(発達障がい)とは
障がい者にかかわる諸法制
差別的取扱いと合理的配慮
障がい者の雇用の現状と課題
職場における配慮と支援
1章確認テスト
2. 障がい毎のケーススタディ
視覚障がい者のケーススタディ
聴覚障がい者のケーススタディ
肢体不自由者のケーススタディ
内部障がい者のケーススタディ
知的障がい者のケーススタディ
精神障がい者のケーススタディ
2章確認テスト
終了アンケート
教材名 障がい理解eラーニング-雇用者編-
学習対象者 ダイバーシティ推進担当者、人事担当者、管理職以上の従業員、役員
目次 共通編に加え、以下を学習いただけます。
1. 障がい者にかかわる諸法制
障がい者にかかわる諸法制
【雇用者編】1章確認テスト
2. 障がい者の雇用の現状と課題
障がい者の雇用の義務(法定雇用率)
障がい者雇用納付金制度
特例子会社
障害者雇用促進のための支援(例)
障がい者雇用の現状
【雇用者編】2章確認テスト
3. 職場における配慮と支援
職場における配慮と支援
従業員への障がい理解促進
会社設備での配慮と支援
社内における相談体制の整備
おわりに
【雇用者編】3章確認テスト

推奨環境

PC環境

OS Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Mac OS X ※ユーザー画面のみ
ブラウザ Internet Explorer 11, Microsoft Edge
FireFox(最新版)
Safari(最新版)
Chrome(最新版)
画面解像度 1024×768ピクセル以上

モバイル環境

モバイル端末
※ユーザー画面の一部のみ
iPhone、iPad(iOS 7.0以降)
Androidスマートフォン、Androidタブレット(Android OS 4.0以降)

価格

価格(税別) 利用期間
共通編 :3,000円
雇用者編:4,000円
61日間

大規模導入のボリュームディスカウントなどもございます。お気軽にご相談ください。

本教材の効果

eラーニングによる全社員研修を実施することで、社員の障がいに関して分かりやすく伝え、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する必要性を伝えることができます。

学習前、約45.9%の人が障がいについてほとんど知らないと回答
利用者の96.3%が理解度が深まったと回答
ほとんど知らないと回答した45.9%を表す円グラフ
理解が深まったと回答した96.3%を表す円グラフ(弊社調べ)

利用者の声

チームの同僚に障がい者を迎えることになったAさん

Aさんのイメージ写真

障がいを持つ知り合いはいないし、なにも分からないまま不安でしたが、本教材で学習したことで、同僚に当事者の社員を迎える心の準備ができました!

新しくチームの一員として勤務することになった障がいをもつ当事者のBさん

Bさんのイメージ写真

当事者として、なんでも知っている体で質問をされることも多くありましたが、今までは答えられず困ってしまうことがありました。
この研修を経て、自分以外の障がいについても知るきっかけになりました。

全社員研修としての利用を決めた人事担当者のCさん

Cさんのイメージ写真

会社として障がい者の方を迎え入れるにあたり、該当の職場チームにのみ事情を説明するだけでは配慮義務として不十分ではないかと不安でした。そのため、全社員に研修を受けてもらいたいと考えていましたが集合研修は人数や場所の関係で難しいと考えていました。
この教材は、雇用の背景から解説されていて、場所と時間を縛らずに受けて貰えたのでよかったです。

開発の想い

人と人の距離感、コミュニケーションの距離感は、本人だけでなく、まわりのパフォーマンスに大きく影響します。

自らの状況を職場の人に説明しても理解してもらえない、このようなことは、障がいの有無に限らず、多くの人々が経験します。

同じコミュニティに属していると、ふとした時につい、皆同じ方向を向いている、同じ考えの人が集まっていると思い込みがちです。
本教材をきっかけに、皆違うけれども同じ職場に共に働き、生きるということを考えるきっかけになればと開発しました。

お問い合わせ・資料請求

料金体系・機能へのご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください。

電話アイコンお電話でも対応いたします。

お問い合わせ対応時間帯 : 平日10:00~17:30※土・日・祝日、年末年始を除く
電話 : 03-5419-7309
NTTラーニングシステムズ株式会社
インタラクティブコミュニケーション事業部
お問い合わせ種別必須